広告 家づくり

時短家事を目指した家づくりで洗濯を楽に済ませたい!

家事時短を考えた間取り

家づくりにおいて大事なことです。

 

洗濯だけではありませんが、家事を1つずつ楽に進めることは家での暮らしを豊かにします。

 

そこで、洗濯に関して家事動線や周囲環境を考えながら

より良い家づくりを行いましょう。

 

ポイントは、流行りではなく

自分の生活に合った環境作り

 

家づくりに、家事の中でも洗濯を楽にする方法を紹介します。

 

 

自分の暮らしの中の「洗濯」を考える

 

1番大切なことは、今の自分の家事の中の「洗濯」を理解をすること。

何よりも、今の洗濯の方法が1番楽で生活に馴染んでいるので、同じ環境を作ることが大切です。

 

ダイワハウス 大野城

 

 

理解するためのポイント

ポイントは以下。

  • どんな時間に洗濯をするのか
  • 洗濯をしたあと、乾燥はどのように行っているのか
  • 洗濯のボリュームはどうなのか
  • 乾燥した洗濯物は、どうしているのか
  • 洗濯をするときの洗剤は、どうしているのか
  • 洗濯のスタートは、どうやっているのか

まずは、自分の今の「洗濯」に関する理解からスタート。

それが、快適なのか困っている部分があるのかも判断材料として大切です。

 

 

より快適を考える

大切なのは、SNSで見るおしゃれな空間ではなく「快適さ」

洗濯を頻繁にする人が、洗濯機近くに収納もなく洗剤を置く場所がないと不便。

 

また、洗濯機で乾燥をする人や幹太くんを使って乾燥を済ませる人は洗濯物をたたむ場所が近くにあれば楽ですし、片付ける場所もあれば尚更。

逆に外に洗濯物を干す人も、ハンガーにかけて外に出すのか

外で、干しながらハンガーにかけていくのかでも異なります。

 

今の暮らしで、もっとこれができればと思う家事のポイントが

家づくりに活かしたいポイントや環境です。

 

例1

幹太くんで乾燥をする人は、洗濯機からそのまま幹太くんへ洗濯物を移動させる訳ですので

ホスクリーンは洗面所には必要ありません。

 

例2

子どもの習い事のユニフォームなどの洗濯が多く、家族も多いので3回は洗濯機を寝るまでまわさなきゃいけないワーママ。

洗濯機が終わる時間に合わせて、すぐに動けるようにキッチンの近くに洗面所を家事動線を考えて作ることも優先したいポイントです。

 

今不便なところを洗い出してみるのも、方法です。

 

 

一般的な洗濯動線の考え方

一般的な洗濯動線の考え方は

「洗う」「干す」「しまう」の距離をできるだけ近くにすること。

距離が変わるだけで時短につながります。

 

 

必要なものはどれか?

自分の洗濯で、洗うは必須だとは思いますが

「干す」が必要かどうかを考えましょう。

幹太くんを使う人や、洗濯機でそのまま乾燥まで仕上げる人は「洗う」と「しまう」だけの動線が整えば問題ありません。

「干す」がいらない人は、ベランダの物干し竿も必要ないですしハンガーやホスクリーンも要らないです。

 

家事の合間に動ける間取り

洗濯動線に合わせて考えたいのが、家事動線。

自分の家事の合間に、洗濯導線も組み込めれば更に楽に家事が進みます。

 

これまで何度か、洗濯機だけキッチンの横に設置されている方を見かけました。

食事の合間に、洗濯をしてかごに取り出す作業の目的があってのことだそう。

 

キッチンから入ってキッチンに戻れるような、ぐるっと回ってランドリールームを作られる人も何名かお話をお聞きしました。

家事の一部としての、洗濯動線もポイント。

ちなみに、マレーシアの友人宅にはキッチン棚の一部に洗濯機がセットされているのが標準のコンドミニアムでした。

使っていて、不便さは何も無かったです。

 

洗濯動線をどれだけ、家事の間取りに取り込めるかもポイントです。

 

「しまう」もできるだけ近い場所に!

「しまう」場所をきちんと確保しましょう。

洗濯機からできるだけ、スムーズに片付けができる場所がおすすめ!

 

洗面所に、ゆったりしたスペースを確保してボックス収納なども便利です。

 

また、ファミリークローゼットを洗面所近くに配置する方法もあります。

洗面から出て、ファミリークローゼットにすぐに入れる間取りなども検討してみましょう。

 

今の暮らしをベースに、快適な洗濯動線を考えよう

  • 今の暮らしで「こうあればいいな」と思う洗濯動線を見直した上で、問題点や希望を挙げてみよう
  • 「洗う」「乾かす」「しまう」に必要な環境だけを、家づくりに取り入れて不要なものは設備を作らない
  • 洗濯動線を配慮した間取りで、無駄な動きが少ない洗濯導線作りを行おう
  • 家事動線に洗濯動線をつなげて、隙間時間でできる間取りに洗濯動線を検討しよう

暮らしに合わせた時短家事を目指した、洗濯が楽になる暮らしを過ごせるといいですね!

 

 

家づくりについては、こちらもチェック

家づくり

2024/5/23

床材はウォールナット?オーク?雰囲気以外の暮らしで感じる選び方

先日、床材を見る機会があり懐かしく感じました。   というのも・・・ 我が家は1軒目、とんど迷いませんでした。   今は無き、熊本の住宅展示場で一目惚れした床材。 朝日ウッドテックのウォールナット一択の1軒目。   それから、6年目。 今の家は、ほぼほぼオークの明るいカラーの床材の家になりました。   暮らす中で、感じる選び方を紹介します。   2軒目、床材選びのときの記事     目次1 見た目も大事な床材1.1 明るい印象、1番多く ...

ReadMore

ハウスメーカー

2024/5/14

こんな設備が?女性が憧れる感性品質の家ハグ育hugを体感

見学して最初に驚いた、標準仕様 標準仕様なのに システムキッチンはGRAFTEKT そして、床材はMARUHON   誰もが憧れる、キッチンと最高級の床材 これが標準仕様でビックリ   見学すると住みたくなるようなおしゃれな家づくりを、標準仕様で楽しめる魅力があります。   おしゃれさにこだわりたい人は、検討したい家づくりのシアーズホームバースです。       目次1 充実の標準仕様1.1 標準仕様とは?1.2 グラフテクトが標準1.3 床材も ...

ReadMore

住宅展示場

2024/5/23

積水ハウス熊日RKK住宅展の見どころは?開放感ある間取りと吹き抜け

熊本にある積水ハウスの展示場、熊日RKK住宅展 鉄骨イズのすっきりした佇まい   積水ハウスらしい、屋根の繊細なデザインではないスタイリッシュなイメージ 中央に広がる大開口が目を惹く展示場を見学してきました。   優雅に暮らす、外とのつながりを大事にした家づくり 積水ハウスのチーフアーキテクトの設計、開放的な間取りを感じられる展示場です。           目次1 吹き抜けと、外に続く開放感のある間取り1.1 吹き抜けの高さに圧巻1. ...

ReadMore

tama-home

ハウスメーカー

2024/5/13

20代からでも建てれるタマホーム!コスパのよい注文住宅も候補に!

予算に合わせたハウスメーカー選び、大切です。 大手のハウスメーカーだと、難しい。けれど家を建てたい!   そんな人にオススメの、20代のお客さんが多いハウスメーカー「タマホーム」 コスパのよい家づくりを考えたい人は、候補に検討しましょう。   タマホームの住宅展示場を見学してきましたので、紹介します。     目次1 福岡から全国展開の、ハウスメーカー1.1 注文住宅と建売販売1.2 20~30歳代に選ばれる家づくり2 営業担当さんに、特徴を教えてもらいました2.1 ...

ReadMore

ハウスメーカー

2024/5/7

東宝ホーム熊本住宅展示場で東宝ホームを知る!外張り断熱の家

断熱気密のCMを福岡で見る「東宝ホーム。」 魔法瓶みたいな家とは、テレビを通して知っていました。   総合住宅展示場に入っている東宝ホーム、実は九州に根付いたハウスメーカーだそうです。 どんな家づくりをするのか?と熊本の住宅展示場で教えてもらいました。   断熱と気密が気になる人は、東宝ホームについて調べてみましょう。       目次1 九州に根付くハウスメーカー「東宝ホーム」1.1 九州・中国の機構風土に合った家づくりの専門メーカー1.2 JWDDO工 ...

ReadMore

-家づくり
-, ,